日記雑記

外出するとみえること

2020年5月26日

ロケ地公園

ロケ地公園

昨日、2020年5月25日(月)、緊急事態宣言の最終日、大崎駅、品川駅、秋葉原駅へと行きました。

 

引きこもっていて感じられたこと

これまで、ずっと、ブログ記事作成のため、勉強のため、とかにより、ずっと、部屋にこもってばかりいました。

また、ブログの神様が「引きこもり」状態でも稼げる!という触れ込みに感化されてしまい、

「引きこもり」=「ブログで稼げる」

という誤認してしまうようになり、部屋にこもりっぱなしになっていました。

確かに、緊急事態宣言だから外出できないという面もありましたが、やはり、外出しないというのは、ストレスがたまります。

ボクは、引きこもり状態で満足できる人種ではない、と改めて感じました。

インドドアか、アウトドアかと言われれば、インドアではあるけれども、全くのインドアとも言えません。

うちにこもっていれば、外に出たくなるのは人の常でもありますし、そのようにして、人の気持ち、心というのは循環させていくものなのでしょう。

なので、会社を辞める前も、ブログで数千万円儲ける!といって、引きこもり生活のブログ神を観ていても、少しも羨ましいと思えませんでした。

この生活をはじめるに当たってそれだけが心のこりでは有りました。

ブログ神のライフスタイルにどうも憧れることができないし、彼に対して無批判についていく「信者」については、やはり新興宗教のそれと同じで、気持ち悪いとすら思ってしまいます。

 

外出してかんじられたこと

外出すると、身体を動かします。駅までは、歩いていくので、歩くと、不思議と、頭のモヤモヤが循環されて、頭の中が整理されていくのがわかります。

清々しく、心地よい気持ちとなります。

頭は動かさず、身体を動かすと、頭がフォーマットされて、頭の回転がより促進されていきます。

それまで、部屋にこもっていた頃よりも、沈殿してしまった思考のかたまりが、身体を動かすことによって、拡散され、新しい考え、アイデアが次から次へと浮かぶことがわかります。

 

あらためてわかったこと

このブログにて、前にも書きましたが、やはり、自分は、家にこもったまま、ブログを書き続けることなんてできないと改めて感じました。

そのようなスタイルではなく、動きながら考えるスタイルの方が自分には合っています。

東京都内を色々と散策して、面白がりながら、色々な発見に基づいて、ブログ記事を書いていく。

こうした、リアルで発見したことをアンリアルに落としていく方が健全であるし、その方が、アンリアルでの思索などが進むような気がして言います。

なので、今後も、ブログだけただ書き進めていくというスタイルは取らないようにします。

それは、ボクの感覚的なものです。おそらく、直感でおもったことは、間違いはないかと思います。

 

© 2020 nnblog