日記雑記

アートヴィレッジ大崎セントラルタワーへ

2020年5月25日

アートヴィレッジ大崎セントラルタワー玄関口1

アートヴィレッジ大崎セントラルタワー玄関口1

本日2020年5月25日(月)、緊急事態宣言が発令されている最中ではありますが、外出をしてみました。

 

とりあえず外出してみる

本日、久々ではありますが、外出を試みます。

一応、行き交う人々は、マスクを徹底しているみたいなので、マスクをしっかりと装着していきます。

とりあえず、最寄り駅まで歩いていきます。

行き交う人々は、全て、100%が、マスクを装着しています。

なんだか、物々しい雰囲気が立ち込めます。

最寄り駅に到着。

電車に乗車してみます。

満席率は、20%ぐらいかな。座れるそうだけど、なぜか、一席ずつ空席があります。

まわりを観ると、みんなマスク装着していて、何やら新興宗教団体の儀式のようにも思えます。

正直気持ち悪いなと感じるとともに、これだけのオトナがいるにもかかわらず、マスク装着に疑問も持たず、皆一様にしている姿が滑稽でもあり、怖くもあります。

マインド・コントロールされている信者さんと同じだからです。

皆さん、何ら疑問も持たず、電車に乗っています。自分がどこにいくかを自分の意思で決定もせず、最終的にどこに到着するかもわからずに。

こうした「ロボット」「新興宗教の信者」のような人間に思えないような行動をする人間が多くいて、僕自身は、就職する際、こんなオトナにはならないで置こうと決意はしていたのですが、20年間も同じ会社にいてしまったというのは後悔です。

今は、こうして、自分の意思で会社を飛び出したわけですが。40過ぎてのニートというのは、周囲には理解され辛いわけです。

ま、だから何だといった感じではありますが。

なので、今思えば、こうして、自分の意思で会社を辞めたということは、20−22歳ぐらいの自分の意思とちょうど同じところまでチューニングされたわけです。

 

大崎駅へ

次の記事に書きますが、大崎駅にある転職エージェントサービスの面談に行くため、大崎駅に到着しました。

大崎駅には、行ったことがなく、第一印象は、能面のような、人間味のない、おそらくボクの感覚だと、200年以上前は、ここらへんに人がいたような感じがしません。水、潮のような感覚があります。おそらく、海沿いだったような気がします。人気がありません。

なので、大崎駅の印象は、味気のない、お台場と似たような人工的な駅という印象を持ちます。

駅自体も少し、寂れていますが、大崎駅周辺のイメージも、何か、人間くさくない、個人的には好きではありません。

街自体が死んでしまっているからです。

ゴーストタウンと同じニオイ、印象を持ちました。

いま説明してきた印象は、大崎駅につく直前の0.03秒ぐらいに感じたことです。

この感覚はいつも当たります。逆をいえば、いつも周囲の情報により、この感覚から少しずつハズレていくのですが、そうした感覚はいつもハズレます。

初めの印象が、圧倒的に勝ちます。

初めの印象からハズレたもの、人の情報によるものは、100%ハズレます。

 

大崎駅からアートヴィレッジ大崎セントラルタワーまで

大崎駅から、転職エージェント会社のあるアートヴィレッジ大崎セントラルタワーまで、歩きますが、ビルが立ち並んでおり、迷子になってしまいました。

目的地へ向かう道を外れ、GoogleMAPを使って逆走してしまいます。

ビル3つ分誤った道にはいってしまい、10分で着くところが、30分も費やしてしまいます。

 

アートヴィレッジ大崎セントラルタワーへ!!

いよいよアードヴィレッジ大崎セントラルタワーです!

アートヴィレッジ大崎セントラルタワー

アートヴィレッジ大崎セントラルタワー

あれ?!どこかでみたような気がします。

なんだったかなぁ?

アートヴィレッジ大崎セントラルタワー玄関口2

アートヴィレッジ大崎セントラルタワー玄関口

あれれっ?!!これってもしかして?

 

そこはロケ地でした!

そうです。ここは、紛れもなく、ドラマのロケ地です。

主なドラマは、2019年4月、TBSドラマ「わたし、定時で帰ります。」。主人公の結衣(吉高由里子)の会社のクライアントLander SPORTSの外観とロビーとして

テレビ東京「ラストチャンス 再生請負人」(Amazonプライムで視聴可能です。)中でジャパンリンケージとして

テレビ東京「ヘッドハンター」(Amazonプライムで視聴可能です。)でも大急グループ・ホールディングスとして

テレビ朝日「就活家族~きっと、うまくいく~」においても、主人公である富川洋輔(三浦友和)の会社である「日本鉄鋼金属」として

フジテレビ「銭の戦争」、「リッチウーマン・プアウーマン」

(フジテレビ系は、初回であればFODで無料視聴することができます。)

「凪のお暇」など、あげればきりがありません。

もちろんボクも視聴した様々なドラマのロケ地でもありました。

すごい上がります。テンション。

テンション上がります。高まります。

転職エージェント会社に面談に来たのですが、そちらはもうどうでもいいかなという感じになってしまいました。

最後に面談したときに、ロケ地について話をしたら、土日を利用してロケをしているみたいです。

へぇ〜。そうなんですね。確かに、人が映ってはいけないので、そうなりますよね。

あと、ボクは過去にエキストラ会社に所属していた?こともあるので、様々なロケ地にいき、何やら感動していた記憶があります。

そのときのお話はまたいつか。

 

 

© 2020 nnblog