日記雑記

Google先生から少しだけ認識される

2020年5月26日

2020年5月26日(火)

本日、いつものように、Googleにて、

「site:nnblog.net」

を入力して、検索ボタン。

これまで(5月13日〜5月25日)は、検索結果は、9件!だったわけです。

記事が約40件あるのに、認識されるのは、9件(うち削除記事が4件)よって、実質は、5件だけ。

ほぼ、認識されていないに等しい数字なわけです。

それが、5月26日、ブログ開設から約10日間で、とうとう!、検索結果が93件(実質85件)に達しました。

実質で言えば、80件も増えたわけです!。

すごいです。

ただ、検索結果から確認できるのは、20件程度なので、モバイル用ウェブサイトも含めた検索件数なのでしょう。

だとしても、一応、Google先生は、少しだけ、ブログのサイトがあることを「認識だけ」はしたようです。

ただし、Google先生がサイトを認識だけしたというのと、検索キーワードで検索するとボクのブログが出てくるのとは全く別です。

Google先生は、これから、ボクのブログ記事をAIで分析し、記事が価値あるものなのかどうか、他に競合がどの程度いるかどうか、相対的に検索順位が上位に表示するべきものかどうかを、様々な指標より評価し、ランキング作業を行います。

この作業が行われなければ、このブログ記事は誰の目にも認識されないといっても過言ではありません。

よって、第一段階としては、

Google先生に、ブログサイトが仮認識される。という段階はクリアです。

そして、第2段階としては、

Google先生が、このブログを評価し、検索ランキングを付け、検索キーワード結果に反映する。

というものです。

そして、第3段階が、

Google先生が、検索キーワード結果の上位表示(50位以内)に選定される。

これで、いよいよ、戦いの場に立てたということが言えます。

ボクは、戦いの場すら立てない、第1段階で止まっているわけです。

そうはいっても、第0段階だったものが、第1段階に進んだわけですから、大きな一歩といって差し支えないでしょう。

Googleの審査が待たれます。

おそらく、今までの経過をみて考えられるのは、検索キーワードの評価が行われるのは、2週間程度はみないと、ダメかなと言う印象があります。

 

どうすれば、Google先生に認識されるのか

Google先生に好かれるための、大前提ですが、ボクのような弱小ブロガーは、直ぐに認識されることはありません。

そもそも、ボクは、Twitterアカウント開設したばかりで、フォロワーも100人以下だった。

その他、Facebook、YouTube、Instagram、mixi、LINEその他のSNSで友だち、仲間が1000人以上いる、パリピ状態というわけではありません。

Google先生は、SNSを行っていてフォロワーが多い人を、非常に評価しますので、ボクのようなフォロワーの少ない人間はかなり不利なのです。

これからは、ブログだけではなく、様々なSNSと組み合わせていかないと、Googleから評価されることはないのかもしれません。

 

 

高収入初心者ブロガーの場合

ボクが、Google先生に認識されずに困っているとき、他の初心者ブロガーはどのような状況かを調べてました。

そうしたら、ブログ開設2週間で収入10万円という猛者がいたので、どのような状況なのか確認しました。

その方たちのアクセス状況を確認したところ、ブログ開設時からアクセス数が跳ね上がっているのです!。

なんでやねん!と思いましたが、ブログ閲覧者の内訳を観たところ、ほとんどがSNSからの流入だったわけです。

これを考えるどのようなことがいえるかといえば、この高収入ブロガーは、SNSでこれまで獲得した多くのフォロワーの流入による閲覧者で、高い収入を獲得しているわけです。

純粋に、この高収入初心者ブロガーは、ブログだけで10万円を稼いだわけではなく、これは、SNSで稼いだといっても良いです。

非常に詐欺的な煽りをしているなと感じました。

おそらく、この高収入初心者ブロガーは最初の1−2か月は、ブログ閲覧者が跳ね上がりましたが、今後、は安定して収入を稼げる場とはいえないと思います。

ただし、既にSNSで多くのフォロワーを獲得しているというところはGoogle先生に評価されるので、その点については、強みとして、ブログが評価されることでしょう。

 

初心者中の初心者はどのように戦えばよいのか

フォロワーもいない、SNSもやっていない、この状態でどのように戦えばよいのか。

これは非常に厳しいかもしれませんが、弱者は弱者の戦い方を探すしかありません。

Google先生は、どのように、記事を評価するかといえば、これは非公開なので、なんともいえませんが、次の定式から評価されるといわれています。

 

Google評価 = 記事内容の品質(1) × 使用されている語句の独自性(2) × 内部リンク(3) × 被リンク状況(4)

 

(1)記事内容の品質

これは、日本語がしっかりと文法どおりに使用されているかどうかということです。

Google先生は、AIにより、様々な文章と評価される信頼性あるサイトで使用されている日本語、文法と比べてあまりにも文章の乱れがひどいと評価しません。また、文法だけではなく、記事自体が、閲覧者が引き込まれるような文章となっているかどうかを分析します。

これは、おそらく、ページ滞在時間等の指標から割り出すものと考えられますが、真相はわかりません。

 

(2)使用される語句の独自性

これはいわゆるキーワード選定です。

例えば、「光回線 工事」と検索するとこのキーワードを利用しているサイトは無数にあります。

また、これらのキーワードを用いたサイトはどれも高品質なものばかりです。

なぜ、ここまで高品質なものが多くなってしまうのでしょうか。それは、光回線に係るアフィリエイトの単価が高い(2万円前後)ので競合が多いわけです。

そのような中で、どのサイトでも利用しないコトバで「光回線工事」について語っているサイトがあれば、それは非常に独自性があり、見つけられやすいので、評価が高くなり、上位表示されやすくなります。

同じようなキーワードばかりで、競合の多い分野を説明するのは、いっぱいいっぱいなので、そうしたものはGoogle先生は評価しないということになります。

 

(3)内部リンク

内部リンクというのは、自分のブログ内で、関係ある記事と記事をリンクで結ぶ作業をいいます。

たとえば、「光回線」の記事を書いたら、派生するブログ「nuro光」「NTT光」「auひかり」の記事をかいたら、それぞれの記事が親記事である「光回線」と結びついていることがわかります。

さらに、「光回線」記事の親記事である「インターネット回線」記事を書く事によって、内部でリンク構成が強くはられることになります。

こうした内部リンクが強いとGoogle先生からは評価されやすいとされています。これも真相はわかりませんが、一般的には。

 

(4)被リンク

(1)から(3)までは、内部SEOといって、ブログ記事を書く人が、コントロールできる分野です。「良い記事を書く。」「良いキーワード選定を行う。」「同様記事をリンクで結ぶ」これらは、全て、ブログ作成者の努力でなんとかできます。

ですが、被リンクといって、自分のブログサイトのURLを、有名なウェブサイトに貼り付けてもらう、ことは、自分自身での努力ではなんともできません。被リンクの強さは以下のようにまとめられます。

 

 被リンクの強さ = 被リンクの数  × リンク側の信頼性(フォロワーの多さ等)

・被リンクの数

これは、被リンクの数になります。これが多ければ多いほど、外部SEOが働いていることになりますからGoogle先生からも評価されやすくなります。

・リンク側の信頼性

これが一番重要です。リンク側がアダルトサイト、ロボット、リンク切れサイトなど問題のあるサイトによりリンクされていた場合は、マイナス評価となり、

マイナス×被リンクの数

となれば、マイナスの度合いが広がるので、被リンクは、場合によってはリスクのあるものとなりえます。

自分自身でコントロールすることができない以上、あまり被リンクばかりに頼っていてはいられない。

とは言いますが、ボクみたいな弱小ブロガーは、少しでも被リンクが欲しい状態にはあります。

しかし、ボクはフォロワーが少ない状態です。これを打開するには、ボクが加入しているウェブサイトからこのブログに誘導できる方法を探すしかないということです。

ボクが考えたのは、ヤフオク、メルカリを頻繁に利用していることから、商品内容に関するブログを書き、リンクを貼る。

という方法があります。メルカリについては、リンクを貼り付けることができないため、ヤフオクにてリンクを貼り付けて、このブログに流入するしかないのかもしれません。

 

いずれにせよ、ボクのような弱小ブロガーは、まずは、地盤を固めるため、内部SEOとして、良い記事を書く、キーワード選定をしっかりとする、内部リンクを構築する、これをしっかりするしかなさそうです。

被リンクについては、その後の話になるのかもしれません。

© 2020 nnblog