日記雑記

小さな光

2020年5月20日

ブログ2

ブログ2

2020年5月19日

プチスランプからスランプになりかけていた頃。

とりあえず、もう一度、マナブさんの教材(ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】)を見直してみる。

さらに、マナブさんのYouTubeも合わせて閲覧してみる。

 

キーワード選定を真剣に考えた後に、マナブさんの教材を閲覧してみると、これまでとは全く異なる解釈ができるようになってきた。

なぜキーワード選定をしなければならないのか?そんなのしなくてよくねぇ?!書きたいことをかけばいいんだよ!

と思っていたけれども、キーワード選定の意味は、

  • Google先生がブログを歩きやすいように導いてあげる役割
  • Google先生が、ブログを探しやすいようにしてあげる役割
  • 閲覧者が、買いたいものを買おうとするための導線としての役割
  • 閲覧者が、閲覧しやすいサイト構成とする役割

こんな感じだ。

Google先生をブログに招くことと、ブログ閲覧者が閲覧しやすいようにするというのは、ほとんど同義であり、Google先生がクロールしやすいように作成したブログは、当然、人間であるブログ閲覧者にとって閲覧しやすいということになる。

最大の役割は、ブログ閲覧者が、「行動」つまり何かを「購入」することをしやすいようにするということだ。

流れがしっかりしたブログ、つまりキーワード選定にそったものであれば、閲覧者は、次から次へと、購入まで誘導されやすいということになる。

それがわかってからは、キーワード選定の考え方が180度かわった。

とにかく、やってみる。

 

マナブさんの教材においても、他の競合相手ばかりとひかくしていたら、「勝てないから辞める」となってしまう。とりあえず、やってみないと何もうまれない。という発言もあり、そのとおりだと納得。

とりあえず、ブログ投稿再開してみる。

再開してみると、わからないことが色々と出てくる。

Amazon広告バナーは、AMPに対応しておらず、さちこには、嫌がられるということ。

スマホ向けに加速つけたいのであれば、Amazon広告バナーは諦めざるを得ないこと。

AMPというのは、スマホ等に最適化するために、Google等が開発したシステムのこと。

これに対応していないということは、スマホにおける加速化をとるのであれば、Amazonバナーは諦めざるを得ない。

もしくは、加速化を諦めるかのいずれかだ。

RINKERというWordPressプラグインがあるが、これで、楽天、Amazon、ヤフーショッピング等を一括でバナーを作成してくれるものであるが、AmazonAPIは、継続的な売上が平均3,000円/月額ないと、API提供を受けることができないこと。

したがって、RINKERも利用することができないということだ。

 

様々な気づきがあった。

やっぱり、動かないと、気付きがない。

あと、キーワード選定を事前にやれば、記事を書くことも非常に楽になるという事実だ。

書きながら、構成を考えていると、全体がバラバラになってきてしまうが、事前に、しっかりとキーワード選定、構成を考えていれば、あとで自分が見返した場合も有効だということだ。

よしっ!記事を新しく書き足していくぞっ!と思いながら、小さな光が見えてきたようなないような中で、突き進む。

 

 

© 2020 nnblog