デイトラweb制作中級編 DAY2

JavaScriptの基本文法 2日目

配列(Array)

配列(Array) ・・・ 1つの変数に、複数の値やオブジェクトを格納するための仕組み

※格納されたものを要素という

引用元:今すぐマスターしたい!JavaScriptで配列を使う方法【初心者向け】

注意点

取り出す際には番号(インデックス)を指定することで、取得対象を選択できる

インデックスは、0から順番に番号が付与される

画像を例に挙げると、

10 → [0]

20 → [1]

30 → [2]  になる。

配列の機能

要素の追加 ・・・ scores.push()

要素の個数を数える(頻出) ・・・ scores.length()

要素の最初を削除 ・・・ scores.shift()

要素の最後を削除 ・・・ scores.pop()

オブジェクト(Object)

オブジェクト(Object) ・・・ プロパティを複数集めたもの集合のこと

プロパティとは特定の情報に、名前をつけたもの

引用元:JavaScriptでオブジェクトを使う方法【初心者向け】

メソッドを使った書き方

メソッド ・・・ オブジェクトに関連付けられた関数のこと

関数(function) →  デイトラweb制作中級編 DAY1

※「this」はオブジェクトのプロパティにアクセスできる

プロパティ → firstName、lastName

繰り返し(for)

for文 ・・・ 一個ずつ取り出して表示する

forEach文 ・・・ for文と同じ

forの他の使い方

引用元:JavaScriptでfor文を使ってループ処理する方法【初心者向け】|現役エンジニアが解説

① count = 0 → 0からスタート

② console.log(count) → countを表示

③ count++ → countに+1

④ count < 5 → 5未満なら②に戻る

まとめ

今回もJavaScriptの基本文法について学習しました!

ややこしいなあと思ったのはメソッドの考え方で、括弧の中にまた括弧があって、

自分が何を書いているのかわからなくなることも多々ありました。。。

文にしてまとめたことでなんとか整理できましたが、慣れないうちは定期的に見直すことになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。