デイトラweb制作中級編 DAY28

Q and Aをアコーディオンでコーディング

HTML

qa__item」 の詳細

※「Q クリックするとどうなりますか?」はクラスを付けない

<section class="qa section">
    <div class="qa__inner inner">
        <div class="qa__head section-title">Q & A</div>
        <div class="qa__items">
            <!-- ここから -->
            <div class="qa__item">
                <div class="qa-box">
                    <div class="qa-box__q">
                        クリックするとどうなりますか?
                        <div class="qa-box__icon">
                            <div class="qa-box__bar1"></div>
                            <div class="qa-box__bar2"></div>
                        </div>
                    </div>
                    <div class="qa-box__a">
                        <div class="qa-box__content">アコーディオンでここが開きます。アコーディオンでここが開きます。アコーディオンでここが開きます。アコーディオンでここが開きます。アコーディオンでここが開きます。アコーディオンでここが開きます。アコーディオンでここが開きます。アコーディオンでここが開きます。</div>
                    </div>
                </div>
            </div>
            <!-- ここまで4セット -->
        </div>
    </div>
</section>

①SCSS「.qa__items」~「.qa-box__q」

.qa__items {
    width: 900px;
    max-width: 100%;
    margin: 80px auto 0;
}

.qa__item {
    // 2個目以降
    &:nth-child(n + 2) {
        margin-top: 24px;
    }
}

.qa-box {
    border: 1px solid $color-main;
}

.qa-box__q {
    color: #fff;
    background: $color-main;
    padding: 12px 56px;
    font-weight: 700;
    position: relative;

    &::before {
        content: "Q";
        position: absolute;
        top: 12px;
        left: 20px;
    }
}

Q の付け方

「クリックするとどうなりますか?」の位置

「Q」の位置

半角でスペースをいくら入力しても1つ分しかできないため

疑似要素positionを利用する

(「&nbsp;」などスペースを入れる手段は他にもある ↓)

②SCSS「.qa-box__icon」~「.qa-box__bar2」

.qa-box__icon {
    width: 14px;
    height: 14px;
    position: absolute;
    right: 14px;
    top: 50%;
    transform: translateY(-50%);
    // 「+」を「-」に変更
    &.is-open {
        .qa-box__bar2 {
            transform: rotate(90deg);
        }
    }
}

.qa-box__bar1 {
    width: 14px;
    height: 2px;
    background: #fff;
    border-radius: 20px;
    position: absolute;
    top: 50%;
    transform: translateY(-50%);
    left: 0;
}

.qa-box__bar2 {
    width: 2px;
    height: 14px;
    background: #fff;
    border-radius: 20px;
    position: absolute;
    left: 50%;
    transform: translateX(-50%);
    transition: all 0.3s ease 0s;
}

アイコンの作り方

.qa-box__bar1 で  ━

.qa-box__bar2 で  ┃

2本の棒を使うと「+」になり

.is-open が付いたとき、.qa-box__bar2 が回転して「-」になる

※「transition: all 0.3s ease 0s;」 で回転するときにアニメーションを付ける

③SCSS「.qa-box__a」~「.qa-box__content」

.qa-box__a {
    background: #fff;
    font-weight: 700;
    color: $color-main;
    line-height: (24 / 16);
    padding: 16px 30px 16px 20px;
    // jQuery で表示する
    display: none;
}

.qa-box__content {
    position: relative;
    padding-left: 35px;

    &::before {
        content: "A";
        position: absolute;
        top: 0;
        left: 0;
    }
}

paddingの数値(少し複雑)

①.qa-box__a

②.qa-box__content

jQuery

jQuery('.qa-box__q').on('click', function() {
    jQuery(this).next().slideToggle();
    jQuery(this).children('.qa-box__icon').toggleClass('is-open');
});

.next()

「.qa-box__q」の次の兄弟要素である「qa-box__a」を指定


.children()

「.qa-box__icon」の子要素である「qa-box__bar1・2」を指定

ここで行っていること

1. クリックイベントを設定

2. .slideToggle() でアコーディオンの実装

3. .toggleClass() で .is-open の追加・削除

まとめ

今回はQ&Aをアコーディオンでコーディングしました。

初めて「.slideToggle()」を使いましたが、よくwebサイトで見るアコーディオンメニューを簡単に作れてとても便利です。

よく使われるみたいなのでしっかり押さえておきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。